福井県子育て応援サイト「ふく育」 福井県子育て応援サイト「ふく育」 福井県子育て応援サイト「ふく育」

福井県子育て応援サイト「ふく育」 福井県子育て応援サイト「ふく育」 福井県子育て応援サイト「ふく育」

【たっちいパパの子育て塾Vol.4】奥さんを名前で呼んで

父親の子育てや家事の有意義さを伝え“家庭進出”を支援する坂井市の団体「NPO法人おっとふぁーざー」の代表理事 舘直弘さんにパパ目線で子育てをつづっていただきます。

子育て塾4

▲「夫」と「父親」の役割を上手に使い分けることで、家族の絆が強まる

夫と父親 役割使い分け

福井のパパの皆さん、奥さんを「ママ」とか「お母さん」と呼んでいませんか? それ、実は仲のいい家庭を築く上で逆効果になっているかもしれません。私が考える夫婦円満の秘訣(ひけつ)の一つが、「夫」と「父親」の役割の使い分け。ちょっと意識と行動を変えるだけで、家族の関係がよりよいものになりますよ。

どちらも家庭内の男性の役割ですが、「夫」は妻である奥さんとの間の「パートナー関係」、「父親」は、子どもとの間の「親子関係」に基づくものです。ここを混ぜてしまうと、家庭内での「夫」という存在が希薄になり、奥さんにとって「頼れるパートナー」でなくなってしまう可能性があるのです。

奥さんを「ママ」と呼んだら、「私はあなたのママではありません」と言われたというのはよく聞かれる話ですね。これこそ二つの役割が混ざってしまっている状態です。奥さんをパートナーとして尊重し、一人の女性として大切にすること。夫としての自覚を持ち、お互いに頼りあえる存在であること。この二つは、夫婦関係を良好に保つ上で欠かせません。

では、どうすれば役割をはっきりさせることができるのでしょうか。最初の一歩となるのが、冒頭にお話した奥さんの呼び方。ぜひ、名前で呼ぶようにしてみてください。そうすることで、自分自身も夫という立ち位置を自覚できますし、「あなたは大切なパートナーである」という思いを奥さんに伝えられます。

私たちの法人名「おっとふぁーざー」に両方の言葉が入っているのは、二つの役割を上手に使い分けて仲のいい家庭を築いてほしいという思いがあるからです。急に「役割」と言われても難しいかもしれませんので、ひとまず「名前呼び」から始めてみましょう。初めはお互いに気恥ずかしいでしょうが、だんだん2人とも笑顔になるはずです。

夫婦はいうなれば家庭内の「横の関係」。親子は「縦の関係」です。皆さんが役割を上手に使い分けることでこの二つが上手に組み合わさり、家族の絆がいっそう強くなりますよ。

(坂井市・NPO法人おっとふぁーざー代表理事/舘直宏)

NPO法人おっとふぁーざー
https://www.ottofather.com/